ウェルカムボードの見積

HOME » ウェルカムボード » ウェルカムボードの見積

ウェルカムボードの見積

ウェルカムボードをプロのデザイナーに依頼する際、費用は幾らかかるのでしょうか。
頻繁に取り寄せるものではないので、見積がどうなっているのか全く検討がつきません。
そこでウェルカムボードをデザインする際の、見積について取り上げます。

まず注目したいのが、ウェルカムボードのサイズです。
基本的にサイズが大きくなればなるほど費用は高く、小さくなればなるほど費用は低く抑えられます。
規模が大きい式場であれば、A1サイズ(横59.4cm×縦84.1cm)がおすすめです。
インパクトが強く、ゲスト達を盛大に出迎えてくれます。
人気があるサイズは、A2サイズ(横42cm×縦59.4cm)です。
大規模な式場は言うに及ばず、中規模な式場にも使えるサイズです。
1番小さいのがA4サイズで、書類と同じ大きさです。
サイズは小さいものの、演出次第によってはA1サイズに負けないほどのインパクトをのこすことができます。

また簡単にデザインできるものは安く、難しいデザインは高いことも肝に銘じておきましょう。
プロの業者によっては、デザインのテンプレートが予め用意されている所もあります。
テンプレートがあれば手間はほとんどかからず、A1サイズであっても1万円はかからないでしょう。
納期も早く、余程のことがない限りは数週間ほどで仕上がるはずです。
ただテンプレートを元にしてデザインされているので、オリジナリティに欠けるのは否めません。
オリジナリティを重視してデザインに凝りたいのなら、見積はどうしても高くなります。
難しいデザインは手間と時間がかかるので、その分コストも高くついてしまいます。

見積は非常に面倒で、早く仕上げて欲しいという気持ちはあるでしょう。
でも見積が甘かったせいで、トラブルになったケースは1つ2つどころではありません。
しっかりと打ち合わせをしたにも関わらず、高い値段をつけられたという話はよくあります。
友人や知人にウェルカムボードのデザインを依頼した時も、見積だけはしっかりと立てて下さい。
「友人だから無料でしてくれる」と甘い考えを持ってしまうと、友情関係に亀裂が走ってしまう恐れがあります。
例え相手が「無料で良い」と言ってくれたとしても、ウェルカムボードを制作してくれたお礼として、費用を渡すのが最低限のマナーです。

結婚式前に変なトラブルに巻き込まれると、嫌な思いをするだけです。
トラブルを避けるためにも、面倒でも見積だけはしっかりと抑えておいて下さい。